Pocket

もりの工作コーナーでモモンガグライダーが作れる体験コーナーが開催中

2月1日(土)から3月15日(日)までの期間、もりの工作コーナーでモモンガグライダーが作れる体験コーナーが開催中です。

【自然ふれあい交流館 もりの工作コーナー「モモンガ☆グライダー」】今年は雪が少ないと思っていたら・・・。また雪景色になりましたね。😲野幌森林公園の積雪が先日の雪で20㎝積もり、52㎝になったそうです。さて、なんとも気になる「…

江別観光協会さんの投稿 2020年2月4日火曜日

北海道に生息するエゾモモンガについて

エゾモモンガはネズミ目リスの仲間で、北海道に生息する固有種です。アイヌ語では「アツ・カムイ」(群棲する神の意味)と呼ばれています。手首から足首にかけてつながっている飛膜を広げ、グライダーのように滑空します。夜行性で警戒心が強く、観察することが難しいと言われています。北海道では、主に平野部の森林に生息しています。

参考文献:『エゾモモンガ』富士元寿彦 北海道新聞社

モモンガ☆グライダーの作り方

設置されている見本

早速作ってみましょう

まずは色鉛筆で好きな色で塗っていきます

塗った後はモモンガの淵をハサミで切ります

モモンガを裏返し、ティッシュペーパーを細長くカットしたものを裏に貼ります

頭の部分にクリップを付けます

できあがり!

早速飛ばしてみました!まさにエゾモモンガのように、ひらひらと宙に舞うように飛びました。

閲覧コーナーにはエゾモモンガの他に、野幌森林公園で見れる動物の参考図書が設置されていました。

野幌森林公園自然ふれあい交流館住所とアクセス

住所 江別市西野幌685番1

野幌森林公園自然ふれあい交流館ウェブサイト