Pocket

花手水(はなちょうず)とは?

花手水は、神社やお寺の入ったところにある、参拝前に身を清めるために水を使い手を水で注いだりする場所の手水に、花が浮かべられていることを言います。
季節感のある花を浮かべることで、彩りが生まれ参拝者の心を和ませます。

錦山天満宮で9月16日(水)から9月22日(祝・火)期間限定の花手水







錦山天満宮では、前回7月23日(木)から7月26日(日)までの4日間限定で花手水が行われました。
そして今回は2回目として、9月16日(水)から9月22日(祝・火)の7日間、花手水か開催されています。
今回は、江別高校華道部により活けられました。

期間限定の御朱印もあります



9月16日(水)から9月22日(祝・火)の7日間限定で、花手水のスタンプが押された御朱印を頂くことができます。
御朱印は300円です。
アマビエスタンプはこの期間のみではなく普段も頂くことができます。
このアマビエスタンプは、江別市内の有限会社山田印章印刷が作られました。

錦山天満宮はお守りの種類もたくさん











錦山天満宮では、年末年始に限らず、お守りやおみくじが販売されています。
御祭神は学問の神様と言われている菅原道真公で、学問・至誠・厄除けの神としても有名です。
学問の祈願だけに限らず、仕事、健康、安産、交通安全など様々なお守りが販売されています。お土産にも喜ばれそうな素敵なデザインのお守りが揃っています。

札幌圏の神社で花手水が開催





7月に続き、今回も錦山天満宮だけではなく、札幌圏の神社で花手水が開催されています。
今回、神社によって期間はそれぞれ違うようですので、事前に日程をご確認されることをおすすめします。

錦山天満宮住所とアクセス地図

住所:江別市野幌代々木町38番地1

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村